口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

唾液には食事中に大量に出てくる「刺激時唾液(反射唾液)」と、
普段ジワジワと湧いて口の中を潤している「安静時唾液」の2種類あります。

唾液の成分の99%以上が水で、無機質と有機質が残りの約半分ずつを占めています。
JUGEMテーマ:口臭予防対策


健康な人は通常1日にトータルで1〜1.5リットル程度の唾液を出しています。
そのうち「安静時唾液」は700〜800ml程度分泌されます。

安静時唾液はやや粘り気があり、起きているときは1時間に20ml程度、
寝ている時は6〜8時間で20ml程度分泌されます。
※ 寝ている時は非常に唾液が出にくいことが分かると思います。

刺激時唾液はサラサラしており、弱アルカリ性で分泌速度は
安静時唾液の10〜20倍のスピードでドバドバと分泌されます。

唾液を分泌するのは「唾液腺」という組織で、大きな唾液腺は3つあります。
1) 耳下腺 2) 顎下腺 3) 舌下腺

安静時は顎下腺と舌下腺をメインに粘り気のある唾液を出します。
一方、食事中は耳下腺からサラサラ唾液を大量に放出します。

また食事中は唾液のイオン濃度に変化が起こり、
ナトリウムイオン(Na+)や重炭酸イオン(HCO3-)が多く含まれるようになります。
このイオン同士がくっついてできた重炭酸ナトリウム塩(NaHCO3)は、
しばらくすると二酸化炭素(CO2)が抜けて、唾液をアルカリ性にしていきます。

食事中の唾液のpH(酸性度)は6.8〜7.5と中性〜弱アルカリ性になっています。
一方、安静時はpH6.7前後を維持しています。

重炭酸塩のおかげで、食事中に「酸性に傾いた口の中」を中和して中性付近を保てているのです。
※ 酸性状態のままだとバクテリアが活発に動き、むし歯や口臭の引き金になります。

唾液腺は自律神経によってコントロールされています。
リラックスできている状態だと、副交感神経の働きでカルシウムイオン(Ca2+)が増え、
浸透圧が上がって周囲から水が集まってきて、水っぽいサラサラ唾液が作られます。


サラサラ唾液がたくさん出ると、口臭の原料となるタンパク質を含んだ食べカスが洗い流されます。
また、唾液中にはリゾチーム、ラクトフェリン、免疫グロブリン(IgA)、ペルオキシダーゼ、高プロリン(糖)タンパク、ヒスタチン、オプソニンなど数多くの抗菌物質が含まれているので、口臭ガスを作るバクテリアを減らしてくれます。
さらに、口の中を潤してくれることで、口臭ガスが蒸発するのを防いでくれます。

口臭を抑える「サラサラ唾液」を出すためには、原料となる水を十分に摂り、リラックスした状態をキープすることが重要です。
また、食事中はよく噛んで唾液をしっかり出すよう心掛けましょう。

食事をしていない時は、意識的に舌を動かしたり、ガムを舌の上でコロコロ転がしたりすると安静時唾液も増やすことができます。

[ 基礎知識 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 最近口臭が気になるのですが・・・ | 口臭外来 | 「口臭ガス」の有無と、治療が必要な「口臭症」とは違う >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/104
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>