口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

口臭予防に効果的とされる口内洗浄液が、口腔がんや咽頭がんなどを誘発するという研究結果が、サンパウロ総合大学公衆保健学部の調査で明らかになった。
洗浄液の大部分に、二〇%以上の高度数のアルコールが含まれており、過度なアルコール摂取ががんの原因となる。口内洗浄液を毎日使用することによって、飲酒しなくてもがんの発生が助長される危険性があるという。ブラジル衛生・香水・化粧品産業協会(ABIHPEC)の調査によると、口内洗浄液の使用が過去十五年間で二十二倍に伸びているという。研究者らは、リスクを知らないまま一般に浸透している事実を懸念している。洗浄液は、歯磨き粉や歯ブラシ、デンタルフロスのように歯科医から推奨されているわけではなく、口腔衛生管理に効果的としながらも、アルコール自体はさして重要性がないと指摘する。

最近では、ノンアルコールタイプの洗浄液もあり、消費者は正しい知識をもって安全な商品選びをするよう、呼びかけている。
※引用:口腔洗浄剤ががん誘発 USP公衆保健学部高度のアルコール包含原因

こういうニュースが流れてしまうと、リス★リンなどの愛用者はビックリでしょうね。
アルコールは強い粘膜刺激性があるので、粘膜の弱い人が使うと粘膜が剥がれてきたりするようですから、私はオススメしていません。

また、高濃度アルコールで口内を殺菌すると、善玉菌も悪玉菌も関係なく殺菌され、口腔細菌のバランスもおかしくなりがちですから、普段使いするのは好ましくないです。
アルコール濃度に関係なく、口腔細菌のバランスを下手に崩してしまう殺菌剤の使用はできるだけ控えるようにした方が良いと思います。
JUGEMテーマ:口臭予防対策

[ 雑記・コラム | 口臭・体臭ランキング ]
<< 私は小学生のときに友達に口臭を指摘されました | 口臭外来 | 歯磨きペーストは成分にも注意が必要 >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/124
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
殺菌剤の乱用に注意!! 歯磨き剤について
高濃度アルコール洗浄液の話、発泡剤の入った歯磨き剤の話、と続きましたので、勢いに乗って、今回は殺菌剤の話をしていこうと思います。
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/04/22 11:41 AM |
洗いすぎたら、かえって汚くなる
過ぎたるは及ばざるが如し… 中国古典、孔子の論語に由来する故事成語です。 行き過ぎているのは道理の上からはかえって及ばないのと同じ、という意味。
| ブレス・デザイン デンタルオフィス公式ブログ | 2009/04/22 2:01 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>