口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

口呼吸は歯の健康とも無関係ではない。口が乾燥して唾液(だえき)の分泌量が減り、ドライマウスになると、口臭の原因になったり、虫歯や歯周病を進行させたりすることも。
クラジ歯科医院(東京都大田区)の倉治ななえ院長が言う。「呼吸で口が常に開いている人の歯を診ると、開いた形に歯垢(しこう)がついていることがあります」

口内が乾燥すると虫歯菌が増殖し歯垢となって歯に付着することがある。さらに、口呼吸をしていると、これが乾いてこびりついてしまう。こうなると歯磨きでも取りにくい。そのため、開いた口の形に歯垢が残ってしまうのだ。

鼻がつまって口呼吸になっている場合は、耳鼻咽喉(いんこう)科の治療を。しかし、口を閉じる「口輪筋」が弱く、ぽかんと開いてしまう人も少なくないという。幼児の場合、放置すると歯並びに影響することもある。

これを改善するために、倉治院長が患者に指導しているのが、「アイスバートレーニング」。アイスキャンディーのバーを上下の唇に挟んで数分間。簡単なようだが、口輪筋の筋力が弱い人には意外とつらい。

これができるようになると、次に、糸を通したボタンを使った「ボタントレーニング」を行う。上下の前歯と唇の間にボタンを挟んで糸を強く引く。唇に力を入れ、ボタンが取れないようにするのがコツだ。同様のトレーニングを行うための、専用の器具も市販されている。

「口の周りの筋肉が鍛えられると、口が閉じるだけでなく、笑ったときにほおが上がりやすく、明るい表情になる。美容やアンチエージングの面でも効果があります」と倉治院長。

こうしたトレーニングと並行し、姿勢を正して背筋を伸ばすように努めると、鼻呼吸が楽になるという。

ただし朝晩3分間程度から始めるのがいい。笑顔と若さを保つには地道な努力が必要だが、極端なやり過ぎは、しわの原因になるそうなのでご注意を。
読売オンライン「健康プラス」より引用
これはMFT(MyoFunctional Therapy)=筋機能療法の一種で、口の周辺の悪い癖を取り除くためのトレーニングです。矯正治療の一環で行われたりしてきたのですが、最近は唾液を出すためのトレーニングという形でも行われるケースが出てきているようですね。

トレーニングということで、ある程度目標を持って取り組まないと挫折しやすいのがネックなのですが、簡単なものが多いので、時折実践してみると良いと思います。

[ 生活習慣 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 口臭があると味覚異常も起きる!? | 口臭外来 | 膿栓(臭い玉)について >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/125
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>