口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

口呼吸は口臭の原因にもなりますし、舌扁桃炎や膿栓との関連性もあるでしょう。
「口呼吸は百害あって一利なし」というのが、私の考えです。
そんな口呼吸が、睡眠時無呼吸症候群や学校や職場の成績との関連性を指摘したニュースが流れていました。
「口呼吸」にはシーズンがあるとされていた。花粉症や風邪のせいで鼻詰まり → 鼻呼吸しづらい → 息苦しい → 口呼吸にシフト → 一件落着、と言いたいが、そう簡単ではない。“詰まり期”だけでなく、最近は口呼吸が年中常態化している人も少なくなく、ビジネスマンにも悪影響を与えているらしい。

 千葉大学大学院医学研究院教授(耳鼻咽頭科)の岡本美孝さんは語る。
「鼻呼吸の主な役割は、吸う空気を温め、適度な湿度を与えること、また“ゴミフィルター”機能で細菌やウイルスをブロックし、肺などを守ること。一方、口呼吸ではウイルスが除去されていない冷たく乾燥した空気が喉にダイレクトに入ってくる。その結果、免疫力が低下し、疲労感が高まる。様々な病気も引き起こしてしまう」

 睡眠時無呼吸症候群の原因のひとつも口呼吸といわれる。鼻呼吸なら気道を確保できても、口呼吸は口をぽかんと開けているため、口の周りの筋肉が弛緩し、舌が気道を塞いでしまうのだ。悪くすると心臓に負担をかけ高血圧や突然死をも誘発しかねないというから、聞き捨てならない。さらには、舌の粘膜の乾燥による味覚障害、鼻の機能低下による嗅覚障害の可能性も示唆されている。

「調査の結果、無意識に口を開いていることがある人のなかで、楽だからと答えた人は全体(20〜49歳の男女624人)のうち、口呼吸族で約31.4%、鼻呼吸族では約16.8%。鼻呼吸族のほうが集中力が長く続き、睡眠の質が高いという傾向が出ました。逆に、口呼吸族は口臭やイライラ、肌荒れなどに悩んでいる人が多かった」とは、鼻詰まり感を軽減する鼻腔拡張テープを販売するグラクソ・スミスクライン広報の話である。
 この調査結果に明治大学の齋藤孝教授も、鼻呼吸は「息を整え、心を落ち着かせ、(仕事やテストの)パフォーマンスを向上させる」と。業績アップのためには鼻呼吸あるのみ!?(プレジデント 5月27日(水) 16時51分配信)
気づいたら「口呼吸」になっている人は要注意!より記録のために転載

あなたの周りに普段から口を開けている人はいませんか?
もし、居たら見てみてください。どんなイメージですか?
あまり賢そうには見えないんではないでしょうか…(実際はどうか不明です)
子どもの口臭の原因の多くは、オーラルケアの不良と口呼吸です。
おしゃべりを始める頃になると、口呼吸を覚えるようになります。
この時期に「口を閉じる」ということを躾けることが親の仕事だと思います。

このニュース記事では「表情のたるみ」とだけ書かれていますが、くちびるが閉じる機会が減ることで、歯列不正を招く可能性もありますし、歯周病の悪化の原因にもなりますから、口呼吸は矯正して、鼻で呼吸することを意識することが重要です。
口呼吸も口臭の原因より再掲

口呼吸を治せば、イメージアップになりますし、成績アップも有りえます
しかも、歯周病や口臭などの悩みも起こりにくくなるといえます。

本質的には「子どもの頃の親のしつけ」が最も重要なカギを握っているのですが、大人になってしまってからの口呼吸は「意識して口呼吸を止める」ことから始めましょう
それで解決しないようであれば、様々なグッズを使うのも手です。
JUGEMテーマ:口臭予防対策

[ 関連疾患 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 口臭を漢方医学的に考察してみよう | 口臭外来 | 口臭があると味覚異常も起きる!? >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/146
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/01 8:34 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>