口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

日本歯科医師会がこのほど開催した「口臭予防と歯の健康について」のセミナーで、口臭は約9割が口の中に原因があることが示された。
講演した東京医科歯科大の川口陽子教授は「胃病を疑う人も多いが、実際は少ない。口の中を清潔にするなど日常のケアで改善できるものも多い」と指摘。口臭が気になった場合は、まず歯科医に相談してほしいと呼びかけた。

 川口教授は同大歯学部付属病院(東京都文京区)の「息さわやか(口臭専門)外来」を担当。年間平均1500〜1800人の診察結果から、さまざまな研究を発表している。調査では、口臭による障害として「話ができない」(48.9%)、「消極的になる」(44.9%)をあげる人が多かった。また口臭で悩んでいる人の割合(15歳以上の成人)では、45〜54歳が一番多く、55〜64歳、35〜44歳と続き、働き盛りの年代が一番口臭を意識し、悩んでいる様子がうかがえる。

 ◇起床直後の口臭は生理的なもの 朝食で解消
 一方で中高年の男性は、自身の口臭に全く気づかず、家族に説得されて「息さわやか外来」に訪れるケースも少なくないという。川口教授は口臭を「呼吸や会話時に口から出てくる息が、第三者にとって不快に感じられるもの」と定義。「息さわやか外来」では口臭を測定器やヒトの鼻で検査し、数値の低い順から、においなし▽非常に軽度▽軽度▽中等度▽強度▽非常に強度の6段階に分け、軽度からを治療が必要な口臭とみなしている。

 また口臭の種類は、ニラ、ニンニクなど飲食物によるもの▽アルコールやたばこなど嗜好品(しこうひん)によるもの▽生理的なもの▽病的なもの▽心因性によるものに分類される。口臭はだれにもあり、一日のうちでもにおいに強弱がある。特に起床直後は口臭が強くなるが、これは寝ている間は唾液(だえき)の分泌が減り、口の中の細菌が増殖するためという。こういったケースは生理的なもので、朝食をとる事で改善される。また心因性とは、口臭レベルは高くないが、本人が「口臭がある」と思い込み、対人恐怖や社会的不適応を生じているケースをさす。

 ◇治療必要な病的口臭 歯周病や舌苔などが原因に
 一方で「病的口臭」は治療が必要で、口腔(こうくう)疾患や全身疾患により引き起こされる。このうち歯周病や舌苔(ぜつたい=舌の汚れ)、ストレスや薬による唾液分泌の減少(ドライマウス)など口の中の病気が原因とされるものが約90%以上を占めるという。一般に口臭があると「胃が悪いのでは」と疑うケースも見られるが、胃かいようや胃炎が口臭の原因となることは少ない。これは食道と胃を結ぶ噴門が通常は閉じられており、話すことで胃の中のにおいが口に届くことはないため、と川口教授は説明する。

 実際の診療現場では、口臭が基準値より高い場合を「真性口臭症」、低い場合は「仮性口臭症」または「口臭恐怖症」と診断。「息さわやか外来」受診者(1192人)の診断名データでは、真性口臭症が82.7%を占め、このうち口腔疾患による病的口臭が67.9%なのに対し全身疾患による病的口臭はわずか0.3%、生理的口臭は14.5%だった。

 口腔疾患の中でも特に歯周病は、細菌が他の臓器や血管に入り込みほかの病気の原因になったり、唾液に混じり気管支や肺に侵入し肺炎を引き起こすなど、全身の健康をおびやかすこともある。「歯茎が赤くなっていたり、出血がある場合は歯周病の疑いがあるので注意すべきだ」と川口教授は警告する。

 また舌苔の場合は、舌が真っ白になっていても、舌ブラシで簡単に除去できる。舌苔によって口臭が基準値を超えていた患者が、来院時に舌を清掃するだけで正常範囲に戻るケースもあった。ただ、舌苔は舌ブラシで簡単に除去できる一方で、やりすぎると舌の粘膜を傷めることにもなるので、除去は1日1回に抑えることが必要だ。

 ◇口臭は社会生活に支障 セルフチェックを怠らずに
 一方で、香料や殺菌剤などを含む洗口剤や、ガムなどさまざまな口臭予防製品も市販されている。これらの製品は、香料でにおいを隠す遮断効果や、精神的に安心させる心理的効果の方が大きく、口臭原因の除去にはつながらない、と川口教授は指摘する。

 口臭は「社会生活をしていくうえでコミュニケーションの障害になる」と川口教授。「予防には歯や舌を清潔にし、毎日鏡で歯と歯茎のセルフチェックを行い、口臭が気になるようなら、まず歯科医に相談してほしい」と話している。【江刺弘子】

2009年6月3日
口臭は胃病から? 原因の約9割が口腔に - 毎日jpより

記録のためにニュースを転載しておきます。
色づけした部分だけ読んでもらえば十分だと思います。

病的口臭はどんな歯科でもある程度解決できるでしょう。
生理的口臭や仮性口臭症、口臭恐怖症への対応は専門でないと難しいでしょうね。
大学病院でもキチンとできているのかどうかは疑問ですが。。。

ちなみに東洋医学では「口臭の原因は胃熱」と言われています。
※関連記事:口臭を漢方医学的に考察してみよう

こんなニュースの裏側で、日本口臭医学会が発足するという情報も入ってきています。
JUGEMテーマ:口臭予防対策

[ 基礎知識 | 口臭・体臭ランキング ]
<< ムシ歯予防の基本(呼応記事) | 口臭外来 | 友達などに「息がおなら臭い」と言われたこともあるし・・・ >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/149
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>