口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

口臭予防対策を的確にしようと思ったら、原因の特定が必要です。
まずは大きな括りで3つの原因があるのでお話しましょう。
 
1.病的口臭(びょうてきこうしゅう)
これは病気によって起こる口臭のことです。
ムシ歯や歯周病、胃腸障害、肝障害、腎障害、糖尿病などです。
耳鼻科領域での炎症によっても起こることがあります。
こういった病気による口臭は、それぞれの専門家に治してもらうことが対策です。
歯科、耳鼻科、内科または小児科で病気の有無を確認しましょう。

2.食事による口臭
にんにく入りのギョウザを食べたあと、ニオイが気になる。
タバコを吸ってから、吐く息がタバコくさい。
昨夜のお酒が残っている感じがする。
こういった当たり前と言われれば当たり前のことを気にされる方もいます。
口にしなければ解決するタイプのものですが、飲食後に適切な対処を行っていれば多少軽減されます。

3.生理的口臭(せいりてきこうしゅう)
これは誰にでも起こりうる自然な口臭のことです。
ただし状況によっては強烈なニオイを発することになります。
代表例を3つほど挙げてみましょう。

A)起床時口臭(モーニングブレス)
朝起きたときは比較的口臭が強く出るものです。
これは口腔細菌の大量繁殖と口の渇きが主因になって起こります。
細菌を増やしにくくすることと、口の渇きを減らすことが必要です。
両方が必要なのかどうかは検査してみないと分かりません。

B)空腹時口臭(ハンガーブレス)
これは飢餓臭ともいいますが、空腹感を感じたときに起こります。
口の渇きが主な原因になりますから、起床時口臭よりは弱いでしょう。
もし可能であれば、何かを口にすることで解決します。
空腹感がないのに起こる食事後の口臭は、手入れに問題があります。

C)緊張時口臭(ストレスブレス)
通勤時や対面時、仕事中や学校での授業中に起こりやすいものです。
ストレスを浴びていると自律神経の交感神経が高ぶって、口が渇きます。
ストレスから解放されることが一番ですが、口の渇きをなくせば軽減します。
緊張時口臭の場合は、口からというよりも喉の奥からニオう感じになるでしょう。

口臭の原因を大きく分けても、これだけあります。
もちろん代表的でないものを含めればさらに多くに分類されます。
「気のせい」で片付けられてしまいがちな自臭症などもあります。

自分の口臭がどのタイプなのか、もしくは複合型なのかを把握した上で口臭予防対策を行わなければ、その場しのぎになってしまうので注意が必要です。
自分の口臭がどのタイプか分かりましたか?
[口臭] ブログ村キーワード
JUGEMテーマ:口腔ケア

[ 発生原因 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 自分の口臭を簡単に確かめる方法 | 口臭外来 | ニオイの悩みは人格否定感や絶望感を招きます >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/27
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭をなくすにはどうしたらいいのですか?
いろんな情報があって分かりません。 そもそも原因も歯茎なのか?舌なのか?胃なのか?もわかりません。
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/01/16 10:42 AM |
口臭を改善させるための8つの方法
口臭対策の情報がありすぎて逆によく分からなくなってきているようです。 すぐにでも始められる口臭を改善する8つの方法について検討してみます。
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/01/18 1:36 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>