口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

話を元に戻して、「食べかす」の処理の仕方をお話ししていきましょう。
プラークコントロール食べカスの処理は、まったく別物です。
よく、このふたつをゴチャゴチャにしている人がいらっしゃいます。
 
歯の間に挟まっているわずか10%の食べカスを取るために、歯ブラシや歯間ブラシを使ってゴシゴシやることは、ハッキリ申し上げて無駄な行為です。
そもそも、歯ブラシや歯間ブラシは「歯垢=プラークを取る道具」であって、食べカスを取る道具ではありません

歯ブラシとか歯磨き剤のテレビCMを思い出して下さい。
「プラークが・・・」とか「歯垢除去率アップ」とか言いながら、素晴らしいCG映像を見せられて「おぉ、これは凄そうだ」と思われたりしているのかと思います。
ところが、どのメーカーも「食べカスがよく取れる!」なんて言ってないと思います。

大きな問題は、朝昼晩の食事時間に合わせて各社がCMを打っていることです。
食事中に見せられれば、なんとなく食後に歯磨きしたくなりますよねぇ。

で、本題に戻しましょう。古今東西、歯に挟まった食べカスは爪楊枝で取っています。歯の間にギュッと挟まった食べカスを、フニャフニャしたプラスチックの毛のかたまり(=歯ブラシ)で取れると思う方が不思議なのですが、どう思いますか。

レストランや定食屋でも爪楊枝はたいてい常備してますし、割り箸の中にも大抵入っていますよね。食後すぐに使ってもらいたいから、テーブルに置いてあったり、割りばしとセットにしているのです。決して、フルーツを突き刺すために入っているわけではないのです。

海外では爪楊枝も「トゥースピック(Toothpick)」として立派にオーラルケア用品として売られています。銀やチタンでできたトゥースピックを持ち歩いているというオシャレな人もいるようですよ。
JUGEMテーマ:口臭予防対策

[ 歯磨き・口腔ケア | 口臭・体臭ランキング ]
<< 「食べカス」を歯磨きで取ろうとしていませんか? | 口臭外来 | 食べカスは舌の上にたくさん残っている >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/66
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭の対策・予防・治療ナビ
口臭消滅フィルム(500円?2000円ぐらい)消臭サプリメント(2000円?6000円ぐらい)口臭予防リンス(1000円?3000円ぐらい)口臭予防用歯磨き粉(300円?3000円ぐらい)口臭クリアスプレー(1000円?1500円ぐらい)口臭・体臭・加齢臭・全部
| ありあんす | 2009/04/11 5:24 PM |
食べカスは舌の上にたくさん残っている
歯の間に挟まった1割にも満たない食べカスの取り方は、前回お話しました。 今回は残り9割の「舌の汚れ」についてお話したいと思います。
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/04/14 11:32 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>