口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

水分を十分に摂っていても唾液が出てこないために、口腔内が乾燥しドライマウス症状を引き起こしたり、口臭を起こしたりすることがあります。
これは唾液を出す器官である「唾液腺」が機能していない時に起こります。
 
一つは唾液腺が炎症を起こしていて、機能していない場合です。
これは病気によるものですから治療が必要です。
ただ、シェーグレン症候群のように治療が困難なものもありますので、その場合は適切な対症療法を取るしかなくなってきます。

他には普段唾液を出せないでいたために機能が衰えている場合もあります。
この場合は唾液を出せるように「唾液腺のトレーニング」が必要です。
普段運動していない人の筋肉がやせ衰えるのと同じことです。

もう一つはストレスや緊張によって一時的に唾液が出せない場合もあります。
これは「緊張時口臭」と深い関係があります。

唾液を分泌する唾液腺は自律神経によってコントロールされています。
自律神経は心臓や消化器官、呼吸器官、汗腺など、生きていくために必要な臓器をオートマチックにコントロールする神経のことです。

ストレスを感じていたり、緊張すると自律神経のうちの交感神経が働きます。
心臓はドキドキし、手に汗を握っていたり、呼吸が早くなるような時です。
唾液はネバネバしたものが少ししか出てきません。
「固唾を飲む」のは緊張している時ですよね?

食事中やリラックスできている時は、逆に「副交感神経」の働きでサラサラの唾液が大量に出ます。

通常は周囲の状況に応じて、自律神経が全身をオートマチックにコントロールしていますが、このコントロールがうまくいかなくなった場合、「自律神経失調症」という形で、身体のあちこちに不調を生じ始めます。

自律神経失調症のひとつの症状として「唾液分泌量の減少」が生じます。
その結果として「口臭」が発生することもあります。
※ 乾くとニオうのは「洗濯機の洗濯槽」を思い出せば理解できますよね?
唾液のPHは安静時は6.8くらいですが、食事や会話などによって唾液腺が刺激されるとアルカリ性に傾き、PHは7.5〜8.0くらいになります。

これは唾液分泌速度が速くなる(唾液がどんどん作られる)ことにより、唾液中のHCO3-(重炭酸イオン:唾液が作られる際に同時にできる)濃度が高くなり、結果としてH+(水素イオン)濃度が下がるためです。

逆にストレス時(緊張している時など)には交感神経が優位になり、唾液の分泌は減り、HCO3-濃度も低くなってPHは6.0くらいまで低下します。
唾液の成分やPH、食事との関係について - 歯科相談室より引用

安静時の唾液の分泌量とpHを検査すると、ストレス度が分かるかも!?

[ 関連疾患 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 水と水分は、似て異なるもの | 口臭外来 | 自律神経失調症とは… >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/70
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
更年期の自律神経失調症による口臭
更年期障害(postmenopausal syndrome, PMS)とは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少を初めとするホルモンの分泌バランスが崩れることにより起こる症候群のこと。 主に閉経期前後の45〜55歳ころの女性に起こるが、40代以降の男性にも起こることがあり、特に男性に起こ
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/05/06 7:29 AM |
口臭予防クイズ 病院選びの罠
  胃の調子が悪い時に口臭が起きる・・・という経験ありませんか? そこで「口臭対策」で行くべき病院は、胃腸科? 歯科?
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/05/15 8:32 AM |
唾液を出すための簡単なトレーニングとは・・・
「自律神経が狂うと唾液が出にくくなる」という話から、話題がちょっと脱線してしまいました。 唾液を出すためには「十分な水分補給が重要」だということは以前の記事で書きました。 ここに書くトレーニングは十分な水が身体に供給されていることが大前提になります。
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/05/21 3:25 PM |
薬剤性ドライマウスとは
薬剤性ドライマウスというのは、ドライマウスの原因が処方された薬剤が原因となっているものです。薬の副作用としてドライマウスになるパターンで、降圧剤、利尿剤、抗ヒスタミン剤、坑うつ剤、坑不安剤、鎮痛剤などによるものが代表的です。
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/05/27 7:48 AM |
口臭があると味覚異常も起きる!?
口臭を起こしている人は、時折、味覚異常も起こしたりします。 ドライマウスを伴う口臭に悩んでいる方に多いように思えますが、そうでないこともあります。ドライマウスに伴う味覚障害の場合・・・
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/05/31 12:57 AM |
ドライマウスの分類(私案)
ドライマウスの分類というのは、今現在は模索中だそうです。 現時点では「シェーグレン症候群か否か」という程度に過ぎません。 …というわけで、勝手に分類してみたいと思います。
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/06/18 4:24 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>