口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自動的に生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経のことです。

交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをします。
「交感神経は闘争の神経、副交感神経は逃走の神経」とも言います。

人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされていますが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、「自律神経失調症」となるとされています。

自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから「こころの問題」も関わってきます。

【症状】
身体症状としては、めまい、急な動悸、冷や汗が出る、突然脈が速くなる、動悸がする、血圧が激しく上下する、耳鳴りがする、腹痛、下痢、微熱、生理不順など。
情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれです。

【自律神経失調症の原因及び発症】
夜更かしをする事などによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れ等が挙げられるが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も存在するため一概には言えません。
しかし、少なくとも半数が日常生活のストレスにその病理の原因があると言われていますので、生活習慣病の一つとも言えそうです。

【治療】
多くの患者は内科ではなく心療内科や神経内科に通院することになります。
治療には抗不安薬やホルモン剤を用いた薬物療法や、睡眠の周期を整える行動療法などが行われています。
最近では体内時計を正すために強い光を体に当てる、見るなどの療法もあります。
自律神経失調症に悩まされている同士のブログも参考に。

[ 関連疾患 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 自律神経失調症によるドライマウスや口臭 | 口臭外来 | 更年期の自律神経失調症による口臭 >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/71
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭撃退!
こんにちは。貴ブログを拝見しました東川です。日常生活に役立つ情報を提供することを目的としてサイトを運営しており、貴プログ訪問者の方にも興味ある情報だと思いトラックバックをさせていただきました。口臭。気づいてもなかなか指摘しにくいものですよね。逆に自分
| 幸せ生活提供します | 2009/05/02 4:15 AM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>