口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

更年期障害(postmenopausal syndrome, PMS)とは、女性ホルモンの減少など、ホルモンの分泌バランスが崩れることにより起こる症候群のこと。
主に閉経期前後の45〜55歳ころの女性に起こるが、40代以降の男性にも起こることがあり、特に男性に起こる更年期障害のことを男性更年期障害と呼ぶこともある。
まず予備知識として「女性ホルモンの働き」を抑えておきましょう。

・女性特有の丸みをおびた体のラインにする
・女性の生理や妊娠をコントロールする
・肌や髪を美しく保つ
・骨を丈夫にする
自律神経を安定させる
・記憶力を保つ
・食欲を抑制する

40代後半〜50代半ば頃までの10年間に閉経を迎える人が多く、卵巣の機能低下・機能停止により今まで分泌されていた女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなります。
※ 性ホルモンは脳の視床下部からの指示で、生殖器と副腎で作られます。

エストロゲンの減少により自律神経のバランスを保てなくなり、「自律神経失調症」に陥ります。これにより、唾液の分泌量が減少して「口臭」を招くこともあります。
※ 「自律神経失調症による口臭」の記事を参照
※ 最近では過度なダイエットのために「若年性更年期」というのも現れています。

対策としては「エストロゲンの補給」が必要になってきます。
ホルモン剤を用いた薬物療法もありますが、手軽にできる方法があります。

それは「緑茶」を飲むこと。(あまりオススメしませんが...)
緑茶にはカテキンを代表とするフラボノイド(ポリフェノールの一種)が含まれていて、これがエストロゲンの代わりになります。
専門的には、カテキン等が「エストロゲン受容体と親和性がある」のです。

また大豆に代表されるイソフラボンというポリフェノールもカテキン同様、エストロゲンの代用になるため「エストロゲンの補給」の役割を果たします。
天然女性ホルモンとして、女性の女性ホルモンのアンバランスからくる、思春期口臭、更年期口臭、生理時口臭を予防できる可能性があります。
大豆に含まれるゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインなどのイソフラボンは大豆イソフラボンと総称され、弱い女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期障害の軽減が期待できる。これらの作用から、大豆製品の中には特定保健用食品に指定されている物もある。また、大豆イソフラボンはサプリメントとしても用いられる。順天堂大学の研究によれば、納豆の摂食頻度と月経状態・月経随伴症状は有意の関係がみられ、摂食頻度の増加は症状を軽減させている可能性があるとしている。

イソフラボンはヒトに対する悪影響も懸念されており、内閣府食品安全委員会は食品とサプリメントを合わせた安全な一日摂取目安量の上限値を、一日あたり70〜75mgに設定している。なお日本人の食品由来の大豆イソフラボン摂取量は15〜22mg、多い人でも40〜45mg程度であり、サプリメントとは違って通常の大豆食品により健康を害することはない
ダイズ - Wikipedia -より引用

他には、ザクロの種子には女性ホルモンであるエストロンとエストラジオールが含まれているそうで、ここからエストロゲンが作り出されると言われています。ところが・・・
果汁にエストロゲンが含まれるとして2000年頃ブームとなったが、国民生活センターの試験では検出されていない。また、血流改善効果、美容効果や抗ガン作用効能をうたった商品があるが有効性は科学的に確認されていない。クロザクロの種子の有効性は海外で研究が行われている。
ザクロ - Wikipedia -より引用

上手に女性ホルモンを補って、自律神経を安定化させて口臭を予防しましょう!

[ 関連疾患 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 自律神経失調症とは… | 口臭外来 | 「水分の摂りすぎ」はこんなに恐い 水毒について >>

ご意見・ご感想・ご質問
気軽にコメントお願いいたします




この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/72
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
働く女性に急増!? 若年性更年期障害の症状と治療法とは
若年性更年期障害という症状があります。 更年期障害は「更年期の自律神経失調症による口臭」の記事でも書いたようにアンチエイジング世代といわれる40代から50代という年齢層に起こりやすいはずです。 それが、若年性更年期障害では、20代から30代!という非常に若い
| 口臭予防対策事典 ブレス・デザイン | 2009/05/12 7:30 PM |
薬剤性ドライマウスとは
薬剤性ドライマウスというのは、ドライマウスの原因が処方された薬剤が原因となっているものです。薬の副作用としてドライマウスになるパターンで、降圧剤、利尿剤、抗ヒスタミン剤、坑うつ剤、坑不安剤、鎮痛剤などによるものが代表的です。
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/05/27 7:48 AM |
ドライマウスの分類(私案)
ドライマウスの分類というのは、今現在は模索中だそうです。 現時点では「シェーグレン症候群か否か」という程度に過ぎません。 …というわけで、勝手に分類してみたいと思います。
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/06/18 4:24 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>