口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

個人的には「よく噛むこと」は、健康を維持していく上で重要なことだと思います。
病気の予防にも、ダイエットにも、メタボ対策にもつながると考えています。
では、ここで「噛むこと」による健康効果を挙げてみたいと思います。
1) 虫歯や歯周病の予防
よく噛むと唾液の分泌を促すため、唾液のもつ抗菌作用で、歯の汚れを洗浄したり、歯垢や歯石がつくのを防ぐ効果があります。

2) 顎の発達と正確な発音
よく噛むと頭骨や顎骨、歯を支える骨の成長・発達を促します。顎が発達すると歯並びもよくなり、ハッキリした発音ができるようになり、顎関節症の予防にもなるそうです。また、顔の表情筋が鍛えられ、表情も豊かになるでしょう。

3) 肥満防止&ダイエット
噛む回数が多いと消化・吸収がよくなり、血糖値が早く上がるため、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぎます。また、噛むことで脳を通して交感神経を刺激し、細胞でのエネルギー消費を促すので、体内に貯めこむことなく、肥満防止になります。

4) 記憶力&学習能力のアップ
噛むと脳の血流が増え、意識の集中を示す脳波が現れます。
噛む刺激は眠気を抑え脳の働きを活発にし、認識力や思考力、集中力、判断力などを高めます。

5) 肩こり、腰痛の防止
歯の噛み合わせが悪いと肩こり、腰痛、姿勢などに影響を及ぼすことがわかっています。また、噛む回数が少ないと、腰骨の骨密度が小さくなり、骨粗しょう症になる恐れもあります。

6) ストレス解消
噛むと大脳皮質を刺激しますし、硬いものや歯ごたえのあるものを噛み砕くことが爽快感につながり、ストレスを解消します。また、時間をかけてよく噛むことは、脳の中にコレシストキニンという化学物質を増加させ、ストレスによる恐怖や不安を減少させる働きもあります。
ストレスから来るブラキシズム(歯ぎしり)予防対策になるのではないでしょうか。


[ 基礎知識 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 膿栓(臭い玉)について | 口臭外来 | ムシ歯予防の基本(呼応記事) >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/75
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
今すぐできる 最新!口内ケア 【テレビネタ】
今日の昼、テレビでオーラルケアに関する話題が上がってました。 (いつものように当院の衛生士からの情報提供です) 「最新!」なんて書いて興味を引いているようですが・・・
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/06/10 1:29 PM |
ドライマウスの分類(私案)
ドライマウスの分類というのは、今現在は模索中だそうです。 現時点では「シェーグレン症候群か否か」という程度に過ぎません。 …というわけで、勝手に分類してみたいと思います。
| 新潟県長岡市の予防歯科・口腔内科 | 2009/06/18 4:24 PM |
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>