口臭の原因究明/予防対策/無料相談/外来治療/ブレスエステ/ブレスケア/自己臭症/膿栓/歯周病/歯槽膿漏/ドライマウスのことならブレス・デザイン

口臭予防対策事典 ブレス・デザイン

喉の違和感に並んで気にされることの多い「膿栓(のうせん)」について。

膿栓」というのは、喉(扁桃腺)にできるクサくて白い塊のことで、
臭い玉(くさいだま)」もしくは「臭玉(くさだま)」などとも呼ばれます。
まずは、膿栓が発生する「扁桃腺」について勉強してみましょう。
扁桃腺というのは常に粘液物質を出していて、口から入ってきたバクテリアやウイルス、異物を絡め取ろうと身体を防御している免疫組織です。扁桃腺周辺には多くのバクテリアが常駐しており、外から入ってきた「よそ者のバクテリア」とも戦っています。

また喉が感染すると、白血球がやってきてバクテリアやウイルスを退治してくれます。
そこで戦死した白血球は「膿」という形で、扁桃腺の外に放り出されます。

この粘液物質や膿が「痰(たん)」になって、飲み込まれたり吐かれたりするのですが…
これが「極端に乾燥する」と白い塊となります。
※膿栓の写真は、膿栓がドブのようなニオイの正体!? 【画像あり】を参考に

慢性的に鼻や扁桃腺が炎症を起こしていると、痰が出やすくなるのですが、これに加えて「口腔乾燥」を伴うと「膿栓」が発生しやすくなります。耳鼻科的な病気であれば、耳鼻咽喉科での処置が必要です。

膿栓は耳かきなどでほじくれば取れますが、扁桃腺は粘膜で出来ていてデリケートですし、免疫組織でもあるので、下手に刺激するとひどくなります。耳鼻咽喉科が専門になるので、洗浄してもらうこともできると思います。

膿栓は取ろうとするのではなく、作らないようにするのが重要です。

粘膜の炎症を抑えたり、耳鼻科的な病気を治すのが最優先課題です。耳鼻科的な病気に関しては実際に耳鼻科で相談されると良いでしょう。

タバコを吸う人は慢性的に喉に炎症を持っており、口の乾燥も起こしやすいので、膿栓ができやすいと言われています。

そして痰を膿栓に変えないように、口の中の乾燥を防ぐことも重要です。
そのためには、唾液をしっかり出すことがポイントになるでしょう。
JUGEMテーマ:口臭予防対策

[ 関連疾患 | 口臭・体臭ランキング ]
<< 「口で息」 歯にも禁物 | 口臭外来 | 噛むことでもたらす6つの健康効果 >>

この記事を引用/参考にする場合はトラックバックしてください
http://wiki.breath-design.com/trackback/81
関連するブログ記事の一覧(トラックバックリスト)
口臭関連認定医ナビでは全国の認定医や専門医を探せます。
口臭外来設置医院や歯周病専門医、ドライマウス認定医だけでなく、内科(胃腸科/消化器科)や耳鼻科(アレルギー専門医)などを地域ごとにまとめたリンク集です。
また、当サイトとの相互リンクも、このリンク集を通じて随時募集しております。
人気ランキング >>